暮らし

二十歳女子が渋谷駅でダンボール敷いて寝てたら、声かけてきた半分以上が優しい人だった。

こんにちは。青森育ちのぽんごーです。

私は18歳で東京に出てきて初めてホームレスと呼ばれる人たちを見ました。

ホームレスに対する意見も諸々あるのですがそれは今回置いといて、単純に

若きぽんごー
若きぽんごー
道端でダンボール敷いて寝るってどんな感じなんだろう。。。

と思ったわけです。

で、ある日渋谷駅でダンボール敷いて一晩一人で寝てみることになったんですが、その時のことを書いてみようと思います。

今となってはいい思い出ですが、褒められたことではないし当然リスクもありますのでおススメしませんよ~。

渋谷駅で一晩明かすことになった経緯

えー、話は単純。合コンに行ったら終電がなくなっちゃったんです(^^;

で、同じ看護学校学生寮の女友達3人は歩いて帰るというんですよ。

でも歩いたら2時間くらいかかるだろうし、そもそも帰っても朝の6時まで寮は施錠されてて入れないし。

それに、兼ねてよりダンボール敷いて渋谷駅で寝る、というのに興味があったものですから。

 

若きぽんごー
若きぽんごー

私はその辺のダンボール拾って始発までここで寝てくわ!

大丈夫!交番もすぐそこだし!!

 

当然友人にも反対されたし、合コン相手の男の子にも困惑されましたw

しかし決意は固かったので、とっととごみ箱の横からダンボールを拾ってきて寝床を準備し、友人たちを送り出しました。

ダンボールを敷いた場所

寝床に選んだのはココ!

ちょうど画像に写ってる階段の上から2段目の端っこに陣取りました。

渋谷駅前のハチ公広場の中央にある地下鉄に降りてく階段です。

ここ、始発までは階段の下のシャッターが閉まっちゃうんですよね。

でも天井の電気は一晩中点いてるし、すぐ裏が交番だからなのか たまり場にもなってないし、万が一強引に連れてかれそうになっても安心!と一応考えたわけです(^^;

声をかけてきた人たち

酔っ払いのおにいちゃん

これは想定内。

私が美少女だったらしつこく絡まれるかもしれませんが、田舎から出てきたばかりの声が低い鳥ガラのイモッ娘ですから。

ねー。こんなとこで何してんの~?
若きぽんごー
若きぽんごー
電車がないので始発までここで寝るんです。

といって背を向けて寝て無視してればそれ以上はちょっかいかけてきませんでした。

「変な女」にはかかわらない方がいいですからね~w

エロおやじ

これもまあ想定内。3人くらい。

ええ~?始発までまだまだあるよ~?すぐそこに泊まれるとこあるから一緒に行く?

ふっ。行くわけないじゃん。

ぽんごー
ぽんごー
ありがとうございます。でも好きでやってるんで。

ダンボールでココで寝て待つって決めたんです。

なにかあればすぐそこの交番で相談するから大丈夫です。

交番をさりげなく強調するのが決め手( ̄▽ ̄)

撃退。

ホームレス

予想外。

だってここホームレスさんたちの一画じゃないよ?!

ホームレス
ホームレス
具合悪いの?
ぽんごー
ぽんごー
(臭っ!)はっ!!?いえ!始発までここで寝て待とうと思ってるだけです!
ホームレス
ホームレス
ふーん、ならいいけど。あんたその格好で寝るの?明け方冷えるよ。金ないなら暖かいもん買ってきてやろうか。
ぽんごー
ぽんごー
え?!お金あるんですか?!
ホームレス
ホームレス
ふふっ。普段使わないからあるんだよ。

このやりとりのあともなんか20分くらい話してましたが何を話したか覚えていません(^^;

 

結局ホームレスさんが持っていた新品のホッカイロを一ついただきましたw

話すと意外と優しい普通の人なんだな~と思ったのを覚えています。臭いけど。

 

けどやっぱり今ホームレスを見掛けると怖いし、自ら近寄りませんけどね(;´Д`)

本気で心配してくれるおじさん多数

これも予想外。

 

私は東京に出てきて右も左もわからなかったとき、道を訊こうと「すみませ・・・」と若い女性に声をかけようとしたら

いいです!

とこちらを見ることもなくめっちゃ冷たく返事をされたんですよΣ(゚д゚lll)コワッ!

それ以来、東京の人は恐くて冷たいと思ってましたからねw

若きぽんごー
若きぽんごー
いいですって、、、いいですって何なの。。。まだ何も言ってない。。。(´;ω;`)ウゥゥ

今思うと、キャッチセールスと間違われただけなんだと思いますが、当時はそんなのがあることも知らなかったんで(;’∀’)

 

おっちゃん1
おっちゃん1

だめだよ!若い女の子がこんなとこで。。

お金ないなら貸して・・・いやあげるから!

あそこに安いビジネスホテルあるからあそこ行きな!

おじさんは行かないから大丈夫だよ!!

 

ええ~!!?優しい~!親切がとっても伝わってくるから邪険にできない~~(;’∀’)

 

こんな優しいおっちゃんが5人ぐらい次々と声をかけてくるので、なかなか寝れない・・・(-_-;)

 

おっちゃん2
おっちゃん2

おじさんが信用できないなら、ほら!交番のおまわりさんに言えばお金貸してくれるよ!

一緒に行ってあげようか?

 

とか言ってくるおじさんとか。

やめて~おまわりさんに見つかったら怒られそうだからいや~!!!

 

皆さんに事情を話して丁重にお断りしました(-_-;)

ちょっと話し込んでいくおじさんもいたりして退屈しませんでしたよ。。眠いけど。

結局オジサンの一人に新聞紙を貰い、それをかけて寝てからはあまり声をかけられなくなりました。

そうか!新聞紙かけちゃえば女の子かどうかわかりにくいもんね!!

 

確か初夏の5、6月でしたが、半袖にカーディガン、スカート姿だったので、新聞紙をかけてなければ結構寒かったですね~。

新聞紙バンザイ。おっちゃんありがとう。

さいごに

朝5時に地下鉄のシャッターが開く音で目覚めると大分明るくなっていました。

東京の人、特に渋谷の夜中にいるような人なんて怖いヒトばっかだと思ってましたが、半分以上が優しいひとでした。

いや別に調査してたわけじゃ無いんだけど、その事実にびっくりしました。

あと、優しいおっちゃんたち、寂しい感じだったのも印象的だったなぁ。。。

おっちゃんたちみんな背広着てたけど、家帰んないのかしら。。。

 

こうやって思い出すともう一度体験してみたいような気もするけど、30半ばの女が駅でダンボール敷いて寝てても誰も声かけないだろうな~w

そして、万が一私の娘が同じことやりたいって言ったら断固反対!!危ないよ!!!

交番の近くだからってさらわれたり刺されたりするかもしれないでしょ!!

ってことで、マネしないでね!

(誰もマネしないわっ!って夫に突っ込まれたけど。)

へば!おしまいっ

クリックしていただくと私にランキングポイントが入ります。応援嬉しいです(*´з`)↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です